ここから本文です。

特定健診・特定保健指導について

特定健診とは

 内臓脂肪の蓄積が原因となって発症する生活習慣病は、放っておくと命にかかわる重大な疾患を引き起こします。平成20年4月から始まった特定健康診査(特定健診)は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を早期に発見し、生活習慣病を予防・改善することが目的です。

特定健診・特定保健指導の流れの図

対象者は

40歳から74歳の方全員です。
1年に1回、加入している医療保険者が指定する健診機関等で受診することになります。

新しい健診の流れの図

特定保健指導とは

  • 健診結果に応じ、保健指導のレベルが設定されます。(3段階)
  • 個々の健康状態やライフスタイルに合わせた保健指導が行われます。
  1. 情報提供 健診結果の情報提供は全員に実施されます。
  2. 動機づけ支援 生活習慣を振り返り、ライフスタイルにあった目標を設定し、実行に移せるようなきっかけづくりをサポートします。
  3. 積極的支援 実行を続けられるように継続的なサポートをします。

 令和2年度 特定健診のお知らせは、大分県のホームページへ(外部サイトへ移動します)

関連サイト