ここから本文です。

国民健康保険について

国民健康保険(国保)とは

 国民健康保険(国保)とは、病気やけがに備えて加入者のみなさんがお金を出し合い医療費などにあてる助け合い(相互扶助)の制度です。

加入者(被保険者)とは

 職場の健康保険等他の医療保険に加入している人を除いて、75歳未満のすべての人は国保に入らなければなりません。
 みなさんの住む市町村が保険者となり運営しています。

国民皆保険制度について

 日本では、安心して医療が受けられるよう全ての人が必ず医療保険に加入するようになっています。これを国民皆保険制度と言い、世界に誇れるものです。 高額な医療でもその一部を負担するだけで受けることができます。

届出について

 他の市町村から転入したり、他の市町村へ転出した時、さらに職場の健康保険に加入したりやめた時には、14日以内に市町村の国保の窓口に届出をしなければなりません。

保険税について

 国保はみなさんの納めた国民健康保険税によって運営されています。医療費などの支払以外には使わない目的税です。納付が遅れると国保の運営に支障をきたすだけでは なく、税率の見直しにつながる場合もあります。必ず納期内に納めましょう。

給付について

 国保で受けられる給付は、医療費・療養費・出産育児一時金・葬祭費等です。
 詳しくは市町村の国民健康保険窓口までお問い合わせください。

後期高齢者医療制度(長寿医療制度)

 75歳になると、国保から後期高齢者医療制度に移ることになります。
 都道府県ごとに設置された広域連合が運営する新しい制度で平成20年4月より開始されました。
 詳しくは大分県後期高齢者医療広域連合ホームページへ (外部サイトへ移動します)