ここから本文です。

概要

目的

 大分県国民健康保険団体連合会(国保連合会)は、国民健康保険法の規定に基づき、会員である保険者(大分県並びに大分県内の18市町村と2つの国保組合)と共同して国民健康保険事業の健全な運営や地域住民の健康増進に貢献することなどを目的としています。

設立

昭和16年4月
大分県国民健康保険組合連合会の設立
昭和24年6月
大分県国民健康保険団体連合会に名称変更

性格及び組織

 国保連合会は、国民健康保険の持つ地域医療保険としての特性を生かすために各都道府県に設立された公法人です。(国及び県の指導監督を受けます)
 国保連合会は保険者と共同して国民健康保険、後期高齢者医療及び介護保険などの関係業務を円滑に推進するために必要な事業をおこないます。

主な事業

  1. 診療報酬等の審査・支払(国民健康保険・後期高齢者医療)(PDF:197KB)
  2. 保険者事務の共同処理(PDF:127KB)
  3. 特定健診・特定保健指導に関する事業(PDF:105KB)
  4. 保健事業(PDF:131KB)
  5. 国民健康保険に関する調査及び研究
  6. 介護給付費等審査支払・障害介護給付費等審査支払(PDF:102KB)
  7. 介護サービス苦情処理(PDF:102KB)
  8. 広報及び研修等保険者の円滑な事業運営に資する事業他

国保連合会事業案内

事業案内のダウンロードはこちらから

ビジョン2021(中期経営計画)

大分県国保連合会ではビジョン2021(中期経営計画)を策定していますので、公表します。

公告及び公開

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。